これは人種差別ではない?

こんにちは。

今日は日本のイメージについて書きますね。

 

まず、日本について私の周りのブラジル人が言うのは、

寿司・アニメ・テクノロジー。

寿司は毎日食べられていると勘違いされることもしばしば。

アニメでは特にナルト・ドラゴンボールが人気ですかね。

ドラえもんサザエさんクレヨンしんちゃんなどはあまり知られていません。

それと、戦隊シリーズも有名です。そのパロディもあるくらい。

技術が発達しているというイメージも持たれているみたいですね。

 

日本人だと言って悪い顔をされたことはまだありませんそれは日系移民がブラジルにおいて文化面や経済面で良い影響を与えているから、というのも一つの理由のようです。

f:id:okita-kazue-o0:20171010093803j:plain

(”移民祭り”での太鼓の演奏。)

 

日本語で知られている言葉は、

”ありがとう”・”さようなら”・”こんにちは”。

”ありがとう”と”さようなら”は¨É o Tchan¨ というグループの『Ariga Tchan』という音楽の歌詞に出て来たので有名にもなったらしいです。

タトゥーで日本語を掘っている人もいます。

たまに字を間違えているのも見かけます。

 

日本で知られている都市は、

東京・大阪・広島・長崎。

ブラジルはヨーロッパとの結びつきが強いので、そこの歴史を多く学ぶらしく、

特に第二次世界大戦についてよく勉強するようです。

自分が広島県出身だというと、必ず『あ~。』と言われ少し困った顔をされることもあります。

そして『今は住めるのか?』とか『アメリカが嫌いでしょう?』と言う人もいます。

誤解をされるのは悲しいので、ちゃんと説明します。

 

そしてあとひとつ。

日本人について話す時、よく目を吊り上げるジェスチャーをブラジル人はするのですが、

f:id:okita-kazue-o0:20171010095921j:plain

これは人種差別でもなんでもないみたいです。(たぶん)

国によっては人種差別と認識される国もあると思いますが、

それを知らない人もいます。

私も最初それをされた時は何だか馬鹿にされている気分になりましたが、

誰も目が小さいことを馬鹿にしているわけでもなく、

むしろそれに好印象を持っている人が多くいました。

基本的に日本人は目は大きければ大きいほど良いと思いがちですが、

その反対の考えを持っている人も多くいるみたいですね。

 

おしまい。