肉が美味しかった!

こんにちは。

今回もポルト・アレグリに関連して書きたいと思います。

 

リオ・グランジ・ド・スル州の経済の中心は、農業と牧畜です。

ブラジルには各州の人々に対する呼び名があるのですが、

この州の人たちはガウーショ(gaúcho)と呼ばれています。

もともとは、牧畜業をする人達を指す言葉でした。

 

私は、州都から電車で20分程度のところで開催された、農業・牧畜に関するイベントに行ってきました。

そこには、パンやチーズ、ジャム、サラミ、ソーセージ、牛、羊、カシャーサなどいろいろなものが売られていました。

 

下の写真は、一トン超の牛です。

Netflixの映画、”okja”を見たことがある人いませんか?あれと同じです。

f:id:okita-kazue-o0:20170907231954j:plain

その隣では、さっそく肉が焼かれています。

f:id:okita-kazue-o0:20170907233416j:plain

お昼ご飯も肉とチーズです。野菜、トマト3枚は少ないと思います。

でも、肉は本当に美味しかったです!!!

f:id:okita-kazue-o0:20170907233640j:plain

別の日の晩御飯はシュラスコ(churrasco)を家でしました。

f:id:okita-kazue-o0:20170907233952j:plain

クリチバに住み始めて、ベジタリアンの多さに驚いたのですが、

ポルトアレグリには少ないと聞きました。

地元の産業の中心ですしね。

 

ベジタリアンの話ですが、日本って多分少ないですよね?

イスラム教徒の友達やインドの友達があまり肉を食べてなかったな、くらいで、

日本人で肉を食べない知り合いはいなかった気がします。

でも、ブラジルだと本当にたくさんいるんです。

肉を止めた理由は人それぞれですが、よく聞くのは、

動物が可哀想だから、です。

肉の製造に関する様々なグロテスクな映像があります。

”okja”にも若干そういうシーン、ありますよね。

まあ、肉が無くても毎日豆(feijão)を食べているので、

タンパク質は摂れるとは思いますけどね。

 

私は、いただきます。と言って残さず食べる限り、

なんでも食べて良いと思っています。

ただ、最近は安すぎるものはは避けるようになりました。

日本にいた時は何も考えずに美味しいと思うものを食べていましたが、

こっちに来て少しだけ食の安全について気にするようになりました。

 

おしまい。